VIEW MORE

blog

【2024年版】人事・採用担当者必見!採用サイトランキングから解き明かす好感度アップの秘訣

  • Digital
  • Web

share

こんにちは。大阪・堂島のクリエイティブエージェンシー、株式会社メガホンです。

人事・採用担当者の皆さん、採用活動において次のような悩みに直面していませんか?「どうすればより多くの優秀な人材を引きつけることができるのか?」「自社の採用サイトがなかなか応募者に響かないのはなぜか?」。

少子化の影響で人材採用の競争が厳しくなる中、優秀な人材を獲得することはますます困難になっています。その解決策の一つとして、採用サイトの見直しを行ってみてはいかがでしょうか。

就活生から注目、評価されている企業の採用サイトが、どのようにして関心を引き、彼らを魅了し、応募につなげているのか。この疑問に答える一つのお手本が、2024年版の採用サイトランキング。

デザイン、ユーザビリティ、提供される情報の質といった観点から、優れた採用サイトを選出しているこのランキングを参考にすることで、貴社の採用サイトも、応募者にとって魅力的なものに生まれ変わるかもしれません。優秀な人材を惹きつけ、採用活動を成功に導くためのヒントを探し出してみましょう。

2024年版 採用サイトランキングの概要

株式会社ディスコが実施した「2024年卒 採用ホームページに関する調査」から「採用ホームページ好感度ランキング<総合>」を抜粋し、ランクインした企業の採用サイトをご紹介します。このランキングは、就活生が評価した「使いやすさ」「情報の充実度」「デザイン」など、多角的な観点からの好感度を総合的に判断しており、就活生目線を重視する上で、非常に参考になる資料といえるでしょう。

■株式会社ディスコ:「2024年卒 採用ホームページに関する調査」
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/07/202307_hpchosa.pdf

ランキングに入ったトップ10の採用サイトは、直感的なナビゲーション、明確で魅力的なデザイン、就活生に響くメッセージ、企業文化や仕事内容、社員の声など企業の現在を伝える詳細な情報提供により、高い評価を得ています。

いずれの採用サイトにも共通するのは、ユーザーが直感的に理解しやすいレイアウトを採用しており、目的の情報に素早くアクセスできるよう工夫されている点。また、企業の個性や魅力を効果的に伝えるコンテンツで、就活生の記憶に残りやすい印象を与えている点も挙げられます。これらの要素が融合することで、高いユーザー満足度を実現しているといえるでしょう。

採用サイトランキングトップ10の企業を解説

各企業の採用サイトは、その企業の文化や価値観を反映し、応募者にとって有益な情報を提供することで高い評価を受けました。それぞれのサイトがどのようにして優れているかを詳しく見ていきます。

(ランキングの3位・6位・10位は同数順位です)

1位 ソニーグループ

革新的な技術と創造性を強調するビジュアルリッチなデザインで訪問者を引きつける、ソニーグループらしさが前面に出た採用サイト。直感的なナビゲーションを採用しており、企業の哲学や文化、そして仕事の内容まで、求める情報を容易に探すことができます。

特に注目すべきは、実際のプロジェクトや開発製品を紹介するコンテンツで、ソニーグループがどのようにイノベーションを推進しているかを具体的に示している点。また、社員の声を通じて、実際にソニーで働くことがどういう体験であるかを伝え、訪問者にソニーグループでのキャリアを具体的にあ考えるきっかけを与えています。

[学生のコメント]

  • “一つ一つの職種に対して詳しい説明が掲載されており、かつ社員の方が解説している動画もアップされていた。”
  • “就活生が気になるようなことを全てまとめてサイト上に公開しているため、一通り目を通すだけで、この会社に対する理解がとても深まるから。”
  • “カラフルなデザインがオシャレでした。内容も充実していました。”

2位 ニトリ

「お、ねだん以上。ニトリ」のキャッチフレーズでおなじみの同社の採用サイトは、使い勝手の良さと情報の透明性に重点を置き、訪問者は事業内容、企業文化、そして働く環境について、明確でわかりやすい形式で情報を得ることができます。

サイトデザインはシンプルで親しみやすく、応募者にとって重要な情報が前面に出ているため、興味を持った職種や募集要項へのアクセスがスムーズ。各コンテンツに共通する点は、家具やインテリアに対する情熱をさまざまな形で伝え、その考えに共感する人材を惹きつけることに成功していることでしょう。

[学生のコメント]

  • “やりたいことが明確に伝わってきた。どんな人材を求めているかもよく分かった。”
  • “一つの会社でさまざまな経験ができることを、ビジュアルでわかりやすく説明していたからです。”
  • “インターンシップのページを見たのが最初だが、きれいなレイアウトで見ていて楽しかった。”

3位 NTTデータ

同社の強みである技術力と、社会への貢献を前面に打ち出している点が最も印象に残る採用サイトです。サイトは情報が豊富でありながらも、構造が明確でナビゲートしやすく設計されているため、訪問者はプロジェクトや技術革新の事例を通じて、企業のダイナミズムを感じ取ることができます。

特筆すべきは、新卒生や経験者向けのキャリアパスが詳細に説明されている点で、訪問者は自分が入社した未来を具体的にイメージしやすくなるはず。イノベーションに対する強い姿勢と、多様な人材を受け入れる企業文化を感じさせる点も強く印象に残ります。

[学生のコメント]

  • “どの企業よりもたくさんの情報が載っていたから。HPだけでもかなり企業研究を進めることができた。”
  • “学生へ向けたメッセージを全面的に出している点や、デジタル化についても進んでいるという印象を受けたため。”
  • “得たい情報までのクリック数が少なく済みアクセスしやすかった。”

3位 野村総合研究所(NRI)

同社が提供する高度なソリューションと深い専門知識を反映した内容で構成されています。訪問者は、NRIがどのようにしてクライアントの課題解決に貢献しているか、また、どのような価値を社会に提供しているかを詳しく知ることができるでしょう。

サイトは清潔感があり、ナビゲーションがシンプルで使いやすいデザイン。情報へのアクセスが非常にスムーズなところは、学生のコメントにも現れています。研究開発に対する情熱と、イノベーションを通じて新しい価値を創造しようとする企業文化を伝える、理想的な採用サイトの成功例。

[学生のコメント]

  • “求める人材像について重点をおいて書いてあったので、企業風土が想像できた。”
  • “探しているページまでのアクセスがわかりやすかった。”
  • “社会への貢献度の高さがわかる魅力的な要素が多かったため。”

5位 三井住友銀行(SMBC)

同行が持つ伝統と革新のバランスを魅力的に伝えるデザインが特徴。シンプルながらも、デザイン性の高さは学生のコメントでも多数評価されており、堅いイメージの強いメガバンクにあって、目立つ印象です。

訪問者はSMBCがいかにして顧客に対して付加価値の高いサービスを提供し、金融業界でのリーダーシップを確立しているかを学ぶことができるなど、コンテンツ面も充実。若手社員のキャリアパスや成長機会に関する情報が豊富に含まれており、就職活動中の学生にとって非常に有益なはず。

[学生のコメント]

  • “他の企業と差別化されたデザインが印象に残っている。また、デザインとしても企業色が良く表されており、好印象であった。”
  • “ぱっと見で採用の際に大切にしているものが伝わるため。”
  • “綺麗なデザインでわかりやすかった。”

6位 アクセンチュア(Accenture)

コンサルティングファームとして高い知名度を誇り、グローバルに展開する同社らしく、幅広いサービスと革新を推進する企業文化を反映したデザインで訪問者を迎えます。サイト内ではコンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの各分野でのキャリア機会を具体的に紹介し、同社がいかにビジネスと社会の変革に貢献しているかを知ることができるでしょう。

また、多様性と包摂性を重視する企業姿勢を強調し、すべての人が自分らしく働ける環境を提供していること。そしてキャリアアップの支援と、社員一人ひとりがイノベーションを起こせるよう促している点も見逃せません。

[学生のコメント]

  • “コンサルらしくすっきりしたデザインのホームページだった。社員のブログが頻繁に更新されており、働くイメージを膨らませることができた。”
  • “洗練されたデザイン、なにをやっているのかよく分かる。”
  • “外資系企業の場合、ホームページを辿っているうちにいつの間にか英語のページに飛ばされているなど、日本語のページが充実していない企業もある中、外資系の雰囲気もありつつ、しっかりと日本語で説明しているところに好感を持った。”

6位 NTTドコモ

NTTドコモの採用サイトは、同社が通信業界で果たしている革新的な役割を反映した、先進的なデザインとコンテンツで訪問者の注目を集めます。サイトでは、同社が提供する多様なサービスと技術、そしてこれらがどのように社会や人々の生活を豊かにしているかを紹介。

キャリアパスや働く環境に関する情報も提供され、応募者がドコモでの仕事と成長の機会を具体的にイメージできるよう、訪問者が気になる点はしっかりと押さえられています。技術革新に対する情熱と、人々の生活を向上させる使命を強調している点は、社会インフラを支える企業ならではでしょう。

[学生のコメント]

  • “情熱的な赤で全体的に表現され、熱意やヤル気を感じたため。”
  • “事業領域がわかりやすく、大きな仕事ができるイメージがしました。”
  • “デザインと情報の量がすごく良かった。さすがITのトップ企業だと思った。”

6位 本田技研工業

同社の革新性と挑戦する精神を前面に押し出した内容で、応募者に「HONDA」ブランドの強さを印象づけます。サイトでは、同社が自動車やモビリティ技術の開発においてどのようにイノベーションを推進しているか、また、持続可能な社会の実現に向けてどのような取り組みをしているかを紹介。

社員の声やキャリアパスの事例も充実しており、働く環境や企業文化への理解を深めることができます。技術への情熱と、常に未来を見据えた挑戦を続ける企業姿勢を伝えているメッセー性の高さは、多くの学生にも響いたことでしょう。

[学生のコメント]

  • “これまでのプロジェクトなど、わくわくするテーマが並べられていた。”
  • “何にこだわりを持っているのか、企業独自の視点が伝わる。”
  • “統一感があった。製品にかける想いについて語られていた。”

9位 みずほフィナンシャルグループ

同行グループの採用サイトは、金融業界での幅広いサービス提供と、顧客中心のビジネスアプローチを明確に伝えています。サイトでは、金融ソリューションの提供を通じて、どのように顧客と社会に価値を提供しているかを紹介しており、多様なキャリアパスや働く環境についても詳しく説明しています。

ユニークなアニメーションを取り入れたナビゲーション、洗練された画面の切り替え、大胆な文字組みなど、デザイン面にも注目すべき点が多く、学生に新鮮な印象を与えています。

[学生のコメント]

  • “銀行特有の硬いイメージがなく、UXも新鮮だったから。”
  • “デザインがよく、採用に力を入れていると感じた。”
  • “内容が充実しており、働き方や事業内容の発信・公開において高い透明性を持っていた。 このため企業研究をする際に詳細を調べることができ、 理系男子 業界内での立ち位置や社内の文化・風土までもがHPの閲覧によって理解できた。”

10位 東海旅客鉄道(JR東海)

サイトをスクロールするだけで、目を引くビジュアルが現れ、同社のスケール感を擬似的に体験することができます。サイト内では同社がどのように安全で快適な鉄道サービスを提供しているか、そしてそのサービスがいかにして地域社会や経済に貢献しているかを紹介し、応募者にとって魅力的な働き先としてのイメージを強く印象づけます。

新卒採用専用のYouTubeチャンネルや同社をより深く知るためのスペシャルコンテンツへの誘導もあり、多方面から訪問者の興味換気を引き出す工夫がなされている点はぜひ参考にしたいところです。

[学生のコメント]

  • “デザインが凝っている。また、情報量が多い。複数人のキャリアパスが掲載されているので参考にでき、面接時に現実味のある話をし易い。”
  • “会社の沿革等々、知りたいことが詳細に書いてあるから。”
  • “デザインやサイト自体のこだわりを感じた。”

10位 日立製作所

「ゆずれないものがある。」をスローガンに掲げ、同社が過去からどのように変化を続け、これから未来に向けてどのように進化していくのかをサイト全体で伝えようとしています。

リクルーティングムービーでは、広範囲にわたる事業領域と、イノベーションによる社会課題の解決への取り組みを感じさせ、プロジェクト紹介やインタビューといったコンテンツを通じて、先進的なテクノロジーが、いかに社会の発展に貢献しているかが詳細に説明されています。特に、サステナビリティやデジタルトランスフォーメーションへの強いコミットメントが強調されており、訪問者は同社で働くこと意義を強く印象づけられるはずです。

[学生のコメント]

  • “ジョブマッチング制度を採用しており、各職種の業務内容について詳細に書かれていたから。”
  • “プロジェクト内容など企業理解につながる情報がたくさん載っていたから。”
  • “ソリューション提供のビジネスモデルが強く打ち出されており、強みが明確だった。”

応募者の「質」と「量」を高める採用サイトづくりのポイント

トップ10企業の採用サイトに共通するのは、訪問者に対する明確なメッセージング、ユーザーフレンドリーなナビゲーション、強いインパクトや示唆に富んだデザイン性、そして情報の透明性です。これらの要素は、応募者にとって魅力的なサイトを構築する上で欠かせません。

学生に響くメッセージ

採用サイトとして、訪問者に何を伝えたいのか。そのメッセージを、学生に響くキャッチコピーやスローガンといった形で表現する必要があります。

ユーザビリティとアクセシビリティ

サイトはあらゆるユーザーを容易にナビゲートできるよう設計することが命題。スマートフォンでも的確に情報が伝えられ、目的にページへ誘導できることも必須課題です。

第一印象を決めるデザイン要素

視覚的魅力はユーザーの興味を引く最初のステップです。清潔感のあるレイアウト、統一感のあるカラースキーム、魅力的なビジュアルを使用して、企業のアイデンティティを反映させましょう。

コンテンツの質と情報の透明性

応募者は企業の文化、仕事内容、成長機会について知りたいと思っています。これらの情報を明確にし、社員の声や動画を交えることで、リアリティを持たせることは非常に重要な要素です。

その他の留意するポイント

動画チャンネルやSNSとの連携、自社の既存コンテンツの活用、応募プロセスをシンプルにする点なども、訪問者の好感度を上げ、応募意識を高めるために重要なポイントです。

好感度、応募意識のアップにつながる採用サイトの制作方法

成果につながる採用サイトの制作方法には、大きく分けて「自社で作る」「制作会社に依頼する」「コーポレートサイトの一部に組み込む」という三つのアプローチがあります。それぞれには特徴があり、企業の状況や目指す採用サイトの形によって適した選択肢が異なります。

「自社で作る」とは、企業の内部リソースを活用して、従業員自身が採用サイトの企画、デザイン、開発を行う方法です。この方法の最大の利点は、コストを抑えつつ、企業文化やニーズに深く根差したサイトを作り上げることができる点にあります。しかし、専門的なスキルや知識が社内にない場合は、時間がかかる上に望んだ品質が得られない可能性もあります。

一方、「制作会社に依頼する」場合は、採用サイト制作のプロフェッショナルが企画から制作・開発、運用までを一手に引き受けてくれます。デザインや設計面のトレンドを取り入れた高品質なサイトを立ち上げることができるほか、制作会社の規模や形態によっては、動画やパンフレット、イベント関連も依頼できるケースもあり、採用担当者として手間は大きく省けるでしょう。もちろん、その分費用はかかり、うまくコミュニケーションを図らないと企業の意向が十分に反映されない可能性もあるため、その点は気をつけたいところです。

最後に、「コーポレートサイトの一部に組み込む」という方法では、既存の企業のウェブサイト内に採用情報のセクションを設ける形を取ります。これにより、企業のブランドイメージを一貫させながら、求職者に向けた情報を提供できます。採用情報へのアクセスのしやすさや、コンテンツの更新がスムーズに行えるというメリットがありますが、採用情報だけを求める訪問者にとっては情報を見つけにくくなる可能性もあります。

それぞれの方法にはメリットと考慮すべき点がありますが、企業の目指す採用サイトのイメージや、利用可能なリソース、そして応募者に提供したい体験に最も合致した方法を選択することが重要です。どの方法を選ぶにしても、目的は明確にし、応募者にとって価値のある内容を提供することを心がけましょう。

参考にしたい採用サイトを探す方法

理想的な採用サイトを作るための一つの効果的な方法は、Webデザインのギャラリーサイトでサンプルを見つけることです。革新的でユニークなデザインのWebサイトが数多く紹介されており、印象に残る採用サイトのアイデアを得ることができるでしょう。いくつかのギャラリーサイトとその特徴を紹介しますので、一度のぞいてみてください。

MUUUUU.ORG

https://muuuuu.org

デザインの質に特化したギャラリーサイトで、特にクリエイティブな業界やアーティスティックな要素を強調したWebサイトが多く掲載されています。ユーザーインターフェースが直感的で、インスピレーションを求めるデザイナーやアーティストに最適です。

Web Design Clip

https://webdesignclip.com

Web Design Clipは、最新トレンドのウェブデザインを紹介しているサイトで、特にレスポンシブデザインやモバイルファーストのアプローチを取り入れたサイトが多く掲載されています。採用サイトに限らず、幅広い業界のWebデザインのトレンドを把握するのに役立ちます。

SANKOU!

https://sankoudesign.com

日本のWebデザインに特化したギャラリーサイトです。掲載しているWebサイトは細かくカテゴリ分けされているため、複数の条件から検索できます。お気に入りを登録できる機能も便利もあり、良いサンプルをブックマークできます。

ikesai.com

https://www.ikesai.com

ユーザーエクスペリエンスを重視した「イケてる」Webデザインを紹介するサイトです。訪問者にとって使いやすく、視覚的にも魅力的なサイトの事例が豊富にあり、採用サイトのUI/UXデザインの参考になります。

81-web.com

https://81-web.com

洗練されたデザインと独創的なアイデアを持つWebサイトを多数紹介しています。国内外のトレンドを踏まえた上で、多様なデザインスタイルの事例を見ることができるため、幅広いインスピレーションを得られるでしょう。

ちょうどいいWebデザインギャラリー

https://choooodoii.com

シンプルでクリーンなデザインに焦点を当てたギャラリーサイトです。登録されているのは、使いやすさと美しさを兼ね備えたWebサイトが多く、自社の採用サイトを明解で親しみやすいものにしたい場合に適した事例を見つけやすいでしょう。

me ki ki ki

https://mekikiki.com

国内外問わず、ステキなWebサイトを掲載しているギャラリーサイトです。デザインのトレンドも加味して目利きされたサイトが豊富に載っており、制作イメージに近いサイトを見つけることができます。

これらのギャラリーサイトを通じて、さまざまな業界やスタイルのウェブサイトからインスピレーションを得ることができます。特に採用サイトを制作する際には、これらのサイトで紹介されている最新のデザイントレンドやユニークなアイデアを取り入れることで、応募者に強い印象を与えることが可能になります。

まとめ

本記事では、2024年版の採用サイトランキングを解説し、優秀な人材を引きつけるための採用サイト作りのポイントを紹介しました。ランキングからは、デザインの質、ユーザビリティ、情報の透明性が優れた採用サイトが高い評価を受ける傾向にあることがご理解いただけたのではないでしょうか。

また、自社でサイトを作成する方法、制作会社に依頼する方法、コーポレートサイトの一部として採用情報を組み込む方法のそれぞれのメリットとデメリットを考慮しながら、最適な選択をすることが重要であることをお伝えできたと思います。

最後に採用サイトを際立たせるために、WEBデザインのギャラリーサイトを参考にすることの重要性にも触れました。最新のトレンドやユニークなデザインのアイデアを提供し、インスピレーションを得るための貴重なリソースです。ぜひ役立ててください。

優秀な人材を惹きつけるためには、採用サイトは非常に重要な役割を果たします。ぜひ、この記事で取り上げたポイントをもとに貴社の採用サイトを見直し、より多くの優秀な応募者を惹きつけることができる採用サイトを作り上げてください。

お問い合わせはこちら