VIEW MORE

blog

リード獲得につながる、ホワイトペーパーの作り方と発信のコツ

  • Digital
  • Web

share

こんにちは。大阪・堂島のクリエイティブエージェンシー、株式会社メガホンです。

ホワイトペーパーは、自社が持つ専門知識やソリューションを深く掘り下げて紹介することで、潜在顧客の信頼を獲得し、ビジネス関係を構築するための強力なツールです。

例えば、ITセキュリティ企業が最新のサイバーセキュリティ脅威に対する包括的なガイドを提供することで、読者にその深い専門知識を示し、セキュリティ対策の必要性を説得することができます。

読者はホワイトペーパーに対して単に情報を得ることではなく、実際の問題に対する実用的な解決策や新しい洞察を求めています。例えば、小規模企業向けに「コスト効率の良いマーケティング戦略」をテーマにしたホワイトペーパーがあれば、予算が限られている中で最大の効果を得るための具体的な戦略やツールを提供することが期待されます。

ホワイトペーパーの目的とターゲットの特定

ホワイトペーパーの成功は、明確な目的設定と正確なターゲット像の特定から始まります。これらの要素を事前にしっかりと定義することで、コンテンツが最終的に達成しようとする目標と、その情報が最も響く受け手を明確にすることができます。

リード獲得を目指す理由

リード獲得は、潜在顧客に企業の存在を知ってもらい、最終的に製品やサービスの購入につなげる過程です。ホワイトペーパーは、価値ある情報を提供することで、読者が自ら連絡先情報を提供するよう促し、高品質なリードを生み出します。

ターゲット像の理解

効果的なホワイトペーパーを作成するには、ターゲットオーディエンスが何に悩んでいるのか、どのような情報を求めているのかを深く理解する必要があります。例えば、中小企業の経営者向けに作成する場合、彼らが直面している一般的な経営課題や成長戦略に焦点を当てることで、より関連性の高いコンテンツを提供できます。

E-Bookや営業資料との違い

E-Bookは広範なトピックに対する情報を提供し、営業資料は製品やサービスの特徴を強調しますが、ホワイトペーパーは特定の問題に対する深い洞察や解決策を提供することで、より専門的な情報を提供します。この専門性が、特定の問題解決を求める読者にとって大きな価値となります。

ホワイトペーパーの種類と具体例

ホワイトペーパーはその目的や内容によってさまざまな形式があります。各種類ごとに異なる情報ニーズに応え、特定の目標達成に役立つでしょう。

課題解決型

このタイプは、特定の業界や技術的な課題を解決する方法を提供します。製造業向けであれば、「生産効率を高めるための自動化技術」をテーマに具体的な技術的解決策や導入事例を紹介することで、読者に具体的な価値を提供できるでしょう。

事例紹介型

成功事例を通じて、製品やサービスの価値を実証するタイプです。例えば、あるマーケティングツールを使った企業がどのように顧客基盤を拡大したかを詳細に説明することで、同様の成果を求める企業に対してそのツールの有効性をアピールします。

調査報告型

業界のトレンドや市場調査の結果を共有するタイプです。「2024年のデジタルマーケティングトレンド」と題して、最新の調査データや専門家の分析を提供すれば、マーケティングのプロフェッショナルが戦略を立てる際の参考になります。

情報提供型

特定のトピックに関する包括的なガイドや解説を提供します。例えば、新しい法規制に対応するための「企業のデータ保護ガイド」がこれにあたり、企業が直面する可能性のある法的課題とそれに対する対策を詳細に説明します。

内容の企画と構成

ホワイトペーパーの価値は、その企画内容と構成に大きく左右されます。魅力的なコンテンツを作成するためには、戦略的な計画が必要です。

効果的なホワイトペーパーを作成するには、まず、テーマに関連する最新の研究、統計、専門家の意見など、広範な情報を収集し、整理することが重要です。このプロセスを通じて、読者に提供する情報の正確性と有用性を確保します。

一例を挙げると、若手起業家をターゲットにする場合、彼らが直面する可能性のあるスタートアップの課題に関する情報や、資金調達、ブランディング戦略に関する具体的なガイドラインを提供することが重要です。

ホワイトペーパーの構成は、読者の注意を引きつけ、提供する情報を効果的に伝えるために重要です。構成を計画する際には、読者が情報を消化しやすいように、論理的でストレスなく読み進められる流れになるよう心がけます。

問題の提示から始め、次にその背景を解説し、解決策を提案し、最後にその解決策を実装する方法について説明する、といった具合です。

ホワイトペーパーを作る際の8つのポイント

それでは実際に作成する際に押さえるべきポイントをまとめていきます。これらのポイントは、コンテンツの質と効果を最大化するための指針となりますので、自身で作成するタイミングで何度も見直すことをおすすめします。

1)ターゲットニーズが大きいと思われる内容から作る

最初の段階では、ニーズが顕在化している大きなテーマを選ぶとよいです。現在、SNSマーケティングが企業のPRで外せないものと考えられている中で、「SNSを活用したブランド認知の高め方」というテーマは多くのマーケターにとって魅力的な内容になります。

2)ユーザーを考慮してタイトルを考える

タイトルは、検索エンジンでの検索結果やSNSでの共有時に目に留まりやすいよう、明確で具体的なものを選びます。例えば、「5ステップで実現するサステナブルなビジネスモデル構築法」は、具体的なステップが提示されており、興味を引きやすいです。CMのコピーのように捻るよりも、わかりやすさを重視したほうが良いでしょうか。

3)結論を先に述べる

読み手が何を得られるのかを明確にし、興味を持って全文を読む動機付けをします。「○○法に適正に対応できる7つのアクション」など、気になるテーマに対してどういった成果を得られるのかを明確に伝えましょう。

4)デザインやサイズ、カラーにメリハリをつける

情報の重要性に応じて、フォントサイズやカラーを変えることで、読みやすさと理解を深めます。タイトルや見出しはなるべく短く簡潔に。本文は長くなる場合、行間を空けたり、段落やページで分けて読むストレスを軽減させましょう。

5)有益な情報を盛り込む

例えば、最新の研究結果や業界のトレンドに基づくデータを提供することで、内容の信頼性と価値を高めます。ネットで検索して簡単に手に入る情報との差別化が、何よりホワイトペーパーの価値を高めてくれます。

6)情報を常にアップデートする

市場や技術の変化に応じて、ホワイトペーパーの内容を定期的に見直し、最新の情報に更新することが重要です。恒久的な情報の場合は内容を刷新する必要はありませんが、ある程度経過したタイミングで内容を見直し、新しい日付で再リリースすることで古い情報という印象をなくせます。

7)既存資料でホワイトペーパーを作る

すでに自社で集めている情報があれば、それを活かさない手はありません。過去に実施した調査のデータや、ブログ記事のコンテンツを再利用して、その時期に合う内容に手を加えれば新しいホワイトペーパーを作り出すことはできます。

8営業戦略と合わせて考える

もしあなたがマーケティング部門の所属であれば、セールスチームが取り組んでいる戦略やキャンペーンと連携するホワイトペーパーを作りましょう。より一貫性のあるメッセージをターゲット層に届けることが可能になります。

ホワイトペーパーの作成には、ターゲットのニーズと興味を深く理解し、彼らにとって価値のある情報を提供することが重要だとおわかりいただけたでしょうか。内容の企画から構成、デザインに至るまで、読者が求める情報を効果的に伝え、彼らの問題解決に貢献することが、成功への近道なのです。

ダウンロードして読まれるデザインとは?

これまで解説したポイントを踏まえて、優れたホワイトペーパーを作成できたとします。しかし、ダウンロードして実際に読んでもらわなければ意味をなしません。ここでは、そこまでに到達させるために考慮したい点について触れます。

文字サイズやフォント

読みやすさを保証するため、文字サイズは十分に大きく、読者が疲れることなく情報を吸収できるようにします。フォント選びも重要で、プロフェッショナルでありながら親しみやすいフォントを選ぶことが、読者にとっての読みやすさに直結します。例えば、セリフ体は伝統的な印象を与え、サンセリフ体はモダンでクリーンな印象を与えます。

デザインの統一感

ホワイトペーパー全体で色使い、フォント、レイアウトを統一することで、プロフェッショナルなブランドイメージを保持します。統一感のあるデザインは、読者に安心感を与え、内容に集中させる効果があります。例えば、企業のロゴカラーを基調にしたカラーパレットを使用することで、ブランドの認知度を高めることができるでしょう。

わかりやすいホワイトペーパーの作成手順

次はこれまでお伝えしたポイントを整理して、具体的な手順として解説します。

1)ターゲットを設定する

読み手のニーズと興味を理解し、それに応えるコンテンツを企画します。

2)課題を設定する

読者が直面している問題や疑問を明確にし、それを解決するための情報を提供します。

3)目標を定める

ホワイトペーパーが達成しようとする具体的な目標を設定します。

4)テーマと構成を決める

コンテンツの骨組みを作り、各セクションの内容を計画します。

5)レギュレーションを定める

言葉遣いや表現のスタイルを統一し、ブランドガイドラインに沿ったコンテンツを作成します。

6)ホワイトペーパーを作成する

情報収集とリサーチから始め、ページ構成を決めてレイアウトを施します。

7)情報収集・リサーチ

信頼できる情報源からデータや事実を集め、内容の信頼性を高めます。

8)執筆・校正

情報を明確かつ簡潔に伝えるために、専門的な知識を持つライターによる執筆と、厳格な校正プロセスを経て品質を保証します。

9)デザイン

さらに情報を視覚的に理解しやすくするためのデザイン要素(図表、写真、グラフィック)を加えます。

デザインとビジュアルの活用

ここでは最終段階のデザインについて詳しく掘り下げます。

ビジュアル要素の活用は、ホワイトペーパーの理解を深め、読者の興味を引き続けるために不可欠です。適切な画像やグラフは、複雑な情報を簡潔に伝える助けとなるわけです。

まず、文字サイズやフォント。読みやすさを保証するため、文字サイズは十分に大きく、読者が疲れることなく情報を吸収できるようにします。フォント選びも重要で、プロフェッショナルでありながら親しみやすいフォントを選ぶことが、読者にとっての読みやすさに直結します。例えば、セリフ体は伝統的な印象を与え、サンセリフ体はモダンでクリーンな印象を与えます。

デザインの統一感も重要です。ホワイトペーパー全体で色使い、フォント、レイアウトを統一することで、プロフェッショナルなブランドイメージを保持します。統一感のあるデザインは、読者に安心感を与え、内容に集中させる効果があります。例えば、企業のロゴカラーを基調にしたカラーパレットを使用することで、ブランドの認知度を高めることができるでしょう。

これらを踏まえて細かくデザイン、ビジュアル面で考慮すべき点を整理します。

トーン&マナーとカラー設定

デザインのトーン&マナーとカラー設定は、ブランドのイメージやコンテンツのテーマに合わせて選択する必要があります。トーン&マナーはデザインの方向性を決めて、自社のイメージを一貫性・統一感を持って伝えるためのルールのようなものです。

また、カラー訴求は読者に適切な印象を与え、さらに一貫性を維持することができます。

強弱をつけたフォントサイズとカラー

見出しや本文のフォントサイズとカラーを工夫することで、重要な情報を強調し、読者の注目を引くことができます。フォントはあまり種類を増やさず、同系統でまとめて使用することが原則。これにより、読み手の混乱を防ぎ、コンテンツの読みやすさを確保します。

文字の組み方

文字の組み方は、コンテンツの整理や視覚的なバランスを確保する上で重要です。長い文章を羅列しても読みづらいため、適切に行間や文字間隔を設定することで、読み手の疲労を軽減します。場合によってはページを分けることも考えましょう。こうした文字の整理は、読み手の情報の理解を大きく助けます。

図解/表/イラストの使用

図解、表、イラストなどの視覚的な要素は、複雑な情報をわかりやすく伝えるのに役立ちます。文章で説明するより図や表にまとめたほうが理解しやすいのは明白です。伝えたいことは写真やイラストのほうがはるかに伝達力が高いです。これらを効果的に配置することで、コンテンツの理解を促進し、読者の興味を引きます。

余白を作る

適切な余白を設けることで、コンテンツが混雑せずに読みやすくなります。1ページに情報を詰め込みすぎず、余白を随所に入れることにより、情報の整理や視覚的な階層性を生み出し、コンテンツ全体のバランスを保ちます。

テンプレートを参考にする

プロではない人がデザインを整えることはなかなか難しい課題です。幸い、既存のテンプレートが参考にできますので、ネットにあるデザインのテンプレート集を探してみましょう。これらを参考にすれば、デザインプロセスの時間を短縮し、プロフェッショナルに近い見栄えを実現します。

おすすめ作成ツール3選

ホワイトペーパーの作成には適切なツールの選択が欠かせません。使用するツールによって、デザインの質や作業の効率が大きく変わってくるためです。

今回は代表的な3つのデザインツールをご紹介します。使用のしやすさ、必要な機能、予算などを考慮して、自分に相性の良いツールを選びましょう。

Microsoft PowerPoint

非常にメジャーなアプリケーションですので、使いこなせる人は多いのではないでしょうか。シンプルなレイアウト作成に適しており、プレゼンテーション資料としても再利用可能です。同種のGoogleスライドや互換性のある他メーカーのアプリケーションでも構いません。

[使いやすさ ★★★ 機能★☆☆ コスパ★★☆]

CANVA(キャンバ)

初心者でも直感的に操作でき、プロフェッショナルのようなデザインを短時間で作成できるサービスです。多様なテンプレートとビジュアル要素が用意されており、無料でも利用可能。より本格的な作成を行う際は有料版へのアップグレードを行いましょう。

[使いやすさ ★★☆ 機能★★★ コスパ★★★]

Adobe Illustrator

プロのデザイナーが使用する歴史あるデザインツールです。高度なグラフィックデザインが可能で、専門的なデザイン作業に適しています。それなりの料金設定となりますので、使いこなせる自信がある人に限られるでしょう。

[使いやすさ ★★☆ 機能★★★ コスパ★☆☆]

ホワイトペーパーを仕上げる際の注意点

ホワイトペーパーを完成版に仕上げるにあたって、いくつかの注意点をお伝えします。これらに留意することで、より質の高いコンテンツへとブラッシュアップされるでしょう。

わかりにくい専門用語を使っていないか

どんな年代の読み手でも理解できるよう、専門用語の使用を控えるか、必要な場合は注釈や用語集を付けるなど、わかりづらさを取り除く工夫をしましょう。

商品・サービスの押し売りをしない

ホワイトペーパーの主目的は教育と情報提供です。製品やサービスの特徴を紹介する場合も、その価値が読者の問題解決にどのように役立つかを中心にしているか吟味しましょう。

信頼できる引用元か確認する

情報の正確性と信頼性を確保するために、信頼できるソースからのデータや引用を使用します。できる限り公の機関による情報を引用し、個人のブログやSNSの発信は避けたほうが良いでしょう。

根拠となる数字やデータを扱う

主張を裏付けるために、具体的な数字やデータを掲載しましょう。これにより、内容の説得力を高めることができます。他のコンテンツから引用する場合は、前項に注意してください。

スマホからも閲覧できるようにする

モバイルデバイスの使用が増えているため、ホワイトペーパーはスマートフォンやタブレットからも読みやすいよう設計できているかチェックしましょう。

以上の通り、効果的なホワイトペーパーとして完成させるためには、「わかりやすい、見やすい、読みやすい」を常に心がけることが大切です。これは自身で作成した後、第三者に見てもらって意見をもらい、検証することで信頼性を高めることをおすすめします。

活用方法と企業事例

ホワイトペーパーは多様な目的で活用されています。実際の企業事例を参考にすることで、ホワイトペーパーの潜在的な価値を最大限に引き出すことが可能です。

3つの活用方法

■リード獲得

質の高いコンテンツを提供し、読者に連絡先情報の提供を促します。これにより、興味のある潜在顧客のデータベースを構築できます。

■教育ツール

製品やサービスに関する深い理解や業界の知識を提供し、顧客の意思決定プロセスをサポートします。

■ブランド認知の向上

専門知識の共有を通じて、業界内での企業の位置付けを強化し、ブランドの信頼性を高めます。

参考にしたいホワイトペーパーを発信する企業事例10選

良質なホワイトペーパーを発信している企業の事例です。これらの企業は、それぞれの業界において専門知識や最新の調査結果、業界のトレンドなど、価値ある情報を共有しています。なお、実際の企業のホワイトペーパーの詳細は、企業の公式サイトや専用のコンテンツ配信プラットフォームで確認できます。

Salesforce

業種: CRMソフトウェア・クラウドコンピューティング

ホワイトペーパーの内容: 顧客関係管理(CRM)システムの最適化、顧客エンゲージメントの向上方法、データ分析を活用した販売戦略の改善など。

https://www.salesforce.com/jp/resources

Ferret

業種: ビジネス情報提供サービス

ホワイトペーパーの内容: マーケティング、営業、経営に関する最新情報やトレンド、業界の課題解決に役立つ情報を提供。ビジネスプロフェッショナルが直面する様々な問題に対する具体的なガイドラインや解決策を紹介しています。

https://ferret-plus.com/useful-items

SmartHR

業種: HRテクノロジー・人事労務管理サービス

ホワイトペーパーの内容:同社が提供するホワイトペーパーは、人事労務管理のデジタル化と効率化、労働法規の遵守、従業員エクスペリエンスの向上に焦点を当てています。製品である「SmartHR」のホワイトペーパーは、HRプロセスを最適化し、より良い労働環境を実現するための実用的なガイドと事例を提供。HRプロフェッショナルや経営者にとって非常い興味深い内容になっています。

https://smarthr.jp/resources

LINEヤフー

業種: テクノロジー・デジタルマーケティング

ホワイトペーパーの内容: デジタルマーケティング戦略、消費者行動の分析など、デジタル時代のマーケティングに関する深い洞察や最新のトレンドを提供しています。特に、LINEを利用したマーケティング手法の成功事例など、実践的で具体的なガイドラインを提供しており、貴重な情報源となっています。

https://www.lycbiz.com/jp/ebook

crevo

業種: 動画制作・クリエイティブサービス

ホワイトペーパーの内容: 動画マーケティングの効果的な戦略や、ブランド価値を高めるための動画コンテンツの作り方、動画制作のヒントや成功事例について解説。視聴者の注意を引きつけ、エンゲージメントを高めるための具体的なアドバイスを提供しています。

https://crevo.jp/white-papers

カオナビ

業種: 人材管理・HRテクノロジー

ホワイトペーパーの内容: 人材管理、人事戦略に関するインサイトや最新のHRテクノロジートレンド。組織の成長と従業員のエンゲージメント向上に貢献するための具体的な方法や事例を紹介しています。

https://www.kaonavi.jp/download

ビズリーチ

業種: キャリア開発・人材紹介

ホワイトペーパーの内容: キャリア形成、採用戦略、人材市場のトレンドに関する深い洞察やアドバイス。高度な専門職や経営層向けの採用市場における成功の秘訣や、企業の人材獲得戦略に関する実用的な情報を提供しています。

https://bizreach.biz/download

助太刀

業種: 建設業界向けプラットフォーム

ホワイトペーパーの内容: 建設業界に特化した労働市場の分析、効率的な人材確保とマネジメントの方法、業界の課題解決に向けた革新的なアプローチなど。建設業界の生産性向上と人材不足解消に貢献する情報を提供しています。

https://suke-dachi.jp/resources

paild

業種: 経理・財務プロセスのデジタル化サポート

ホワイトペーパーの内容: 経理・財務業務の効率化、デジタルトランスフォーメーションによる財務プロセスの最適化、コスト削減につながる具体的なソリューションや事例を紹介。財務部門のデジタル化を促進するための戦略やツールに関する情報を、資料やセミナーアーカイブ動画の形で提供しています。

https://www.paild.io/documents

リンクアンドモチベーション

業種: 経営コンサルティング・人材育成

ホワイトペーパーの内容: 組織のモチベーション管理、リーダーシップ開発、組織文化の形成に関する洞察やガイドライン。従業員のエンゲージメントと生産性の向上を目指す企業に向けた、実践的なアドバイスや事例を共有しています。

https://solution.lmi.ne.jp/download

これらの企業は、それぞれの専門分野において、最新の知見やトレンド、成功事例を基にした価値ある情報をホワイトペーパーとして提供しています。これにより、読者にとって有益な知識やインサイトを提供し、業界全体の発展に貢献しています。

配布戦略とプロモーション

作成したホワイトペーパーは、適切な配布戦略とプロモーションがなければその価値を十分に発揮することができません。想定するターゲットにコンテンツを届け、読んでもらうための戦略を立てることが重要です。

ダウンロードを促す戦略

ウェブサイトやソーシャルメディア、メールマーケティングを通じてホワイトペーパーの存在を積極的に宣伝し、ダウンロードへのリンクを提供することで、より多くのリード獲得の機会を創出します。また、SEO(検索エンジン最適化)を意識したキーワードを含めることで、オーガニック検索からのアクセスを増やすことができるでしょう。

SNSやメールマーケティングを活用した拡散

特定のターゲットオーディエンスに直接リーチするために、SNSやメールマーケティングが有効です。興味を引くキャッチコピーと共にホワイトペーパーのダウンロードリンクを共有し、読者にアクションを促します。また、既存の顧客やリードに対してパーソナライズされたメッセージを送ることで、エンゲージメントを高めることができます。

まとめ

最終的に、ホワイトペーパーの成功は、読者にとって有益なコンテンツを提供し、彼らの問題解決に貢献することで測られます。そのためには、コンテンツの企画からデザイン、プロモーションに至るまで、細部にわたって丁寧な計画と実行が求められます。ホワイトペーパーを戦略的に活用することで、ビジネスの成長を加速させ、業界内での信頼と権威を築くことが可能になります。

さらに、ホワイトペーパー作成のプロセスを通じて得られた学びや反響を分析し、次回のコンテンツ制作に活かすことが重要です。読者からのフィードバックやダウンロード数、ウェブサイトへの流入などのデータを収集・分析し、より効果的なコンテンツ戦略を構築するための洞察を得ることができます。

また、ホワイトペーパーを含むコンテンツマーケティングの取り組みを継続的に改善し、ビジネスの目標達成に向けた取り組みを強化していくことが、長期的な成功を生む鍵と言えるでしょう。

ホワイトペーパーの制作・活用のパートナーをお探しの方、株式会社メガホンまで

お問い合わせはこちら