Blog
顧客の心は動画でつかむ!ビジネスを成功に導く動画活用のポイントとは?

顧客の心は動画でつかむ!ビジネスを成功に導く動画活用のポイントとは?

Share
顧客の心は動画でつかむ!ビジネスを成功に導く動画活用のポイントとは?

通勤途中、お昼休み、夕方のオフタイム、夜ふかしの時間など、あらゆるシーンで視聴されている動画コンテンツ。「テレビは観ないけどYouTubeは観る」という層も増えています。ビジネスの現場でも動画は注目され、動画マーケティングはもはや定番といえるでしょう!

「うちも動画を使って色々とPRしたい、でも大変そう・・・」とお感じですか?ビジネスを成功に導くために、何が必要か解説していきます。

動画プラットフォームのユーザー数が急増

動画プラットフォームとして人気の高い「YouTube」。その利用者は年代を問わず増加する一方で、ユーザー数は2020年3月には8000万人を超えています。総務省の報告では、20代の利用率は90%を超え、10代、30代、40代もでも70%以上。もはや動画は人口の大半に情報伝達できるメディアへと成長しているわけです。

ユーザー数の多い人気SNSも動画への対応が強化されています。Facebook、Twitterでは動画を投稿するユーザーが日常化し、Instagramは簡単に編集した動画やスライドをアップロードできるストーリーズが人気。15秒の短い動画を投稿するTikTokは10代を中心に爆発的な人気を集め、SHOWROOM、Mixchannel、ツイキャス、17Liveなど、動画のライブ配信を行えるサービスも着々とユーザー数を伸ばしており、ユーチューバーのような各サービス独自の人気者も登場するようになっています。

各企業はこの状況を見逃さず、商品やサービスのプロモーションに動画は必ずといっていいほど採り入れられているのはご存知の通りです。

販促、採用、教育などあらゆるシーンで活用できる

ビジネスにおける動画の活用は、自社商品・サービスのプロモーションや営業支援、さまざまなマニュアル、人材採用PR、教育、ユーザーサポートなど、さまざまなシーンでの活用が考えられます。一時的な「流行り」という見方もあるかもしれませんが、動画は間違いなく企業の中でもさらに浸透していくでしょう。時代の流れに乗るためにも、動画活用は必須なのです。

では具体的にどのような活用方法があるのか、代表的な事例をご紹介しましょう。

プロモーション・営業支援

自社サイトのWEB動画、SNSで、テキストと写真以上にインパクトのあるPRを行うことができます。また、同じコンテンツをデジタルサイネージや動画広告として展開することも可能です。また、営業担当者が商談でお客さまにタブレットで動画を見せながら商品を説明したほうが、セールストークを延々と述べるより効果的でしょう。

マニュアル

商品の使用方法を伝える操作マニュアルとして動画を活用することもできます。自社サイトや営業担当者がタブレット、スマートフォンで動画マニュアルを顧客に見てもらうのも有効でしょう。最近は、WEBサイトにあるFAQ(よくある質問)へ動画を採用するケースも増えています。ユーザーはそれを見ながら、テキストを読むよりも遥かにストレスなく使用方法を理解できます。

人材採用PR

企業の採用サイトにも動画は多く見られるようになっています。会社の事業や歴史、トップのメッセージを紹介するプロモーションムービーや、社員のインタビュー、対談の動画。さらにオフィスや施設内を紹介していく「バーチャル会社訪問」など、応募者が職場の雰囲気をより明確につかむことができるコンテンツもよく見かけます。

教育

新人社員や管理職の研修、グローバル人材に向けた海外赴任、語学の指導など、教育面でもさまざまな活用が考えられます。スマートフォンやタブレットで閲覧可能にしておけば、いつでも何度でも学習できるため、早期の習得につながるでしょう。

社内コミュニケーション

イントラネットやウェブ社内報など、社内のコミュニケーション促進にも動画は効果的です。経営層のメッセージ、会議、社内イベントを動画配信することで膨大なテキストよりスムーズに情報共有が図れるはずです。

動画が生み出す圧倒的な効果とメリット

動画の強みはなんといっても映像と音声で複雑な情報を分かりやすく伝えられること。そして、動きやサウンドによる表現で大きなインパクトを与える点でしょう。動画は静止画の5000倍もの情報量を伝えるといわれ、より鮮明にユーザーの心を訴えかけることができるのです。視覚・聴覚に訴えかけつつ、さらにストーリー性を加えることで、より企業の魅力を伝えることができるのも大きな特徴でしょう。

ここ数年で学生向け、社会人向けともに、学習動画サービスは数多く登場し、現在多くのユーザーが利用しています。わざわざ会場まで足を運ばなくても、いつでも自分のペースで学習できるためユーザーからは大好評。また、料理動画サイトも大きな人気を集めています。レシピと手順写真だけでは理解しづらかった部分も、実際に料理をしている様子をコンパクトにまとめた動画が解消してくれるため、スマホやタブレットをキッチンに置いて料理をすることが常識になりつつあります。

SNSとの相性の高さも重要。動画を見て「役に立った」「面白かった」と感じたユーザーは、SNSでシェアします。拡散された動画コンテンツは、さらに別のユーザーを通じて拡散を続け、多くの人の目に留まるチャンスがあるためプロモーション効果は絶大です。

動画コンテンツづくりにプロの協力は必須

良いことづくめの動画ですが、もちろんデメリットもあります。最近のスマートフォン内蔵カメラは高機能で、きれいな画質で撮影することは誰でもできます。しかし目的を絞ってターゲットに響く内容で作れるかどうかは別問題でしょう。ユーザーの心をつかむ魅力的な動画コンテンツにするためには、コンセプトを立て、撮影も工夫し、飽きさせない編集を行わなければならないからです。こうした工程はおそらく社内で対応することは難しいので、優れた映像制作技術を持ち、デザイン、クリエイティブに強いプロフェッショナルの力を借りる必要があります。では、魅力的な動画コンテンツをつくり、成果を上げるためにどういった会社に依頼すれば良いでしょうか。

制作会社「対応力・実績・予算」で選ぶ

動画制作会社を選ぶ時のポイントは、「対応力・実績・予算」の3つを重視することをおすすめします。

まず「対応力」ですが、打ち合わせから企画・構成の立案、配信方法の提案、撮影、編集、納品までトータルに対応できるかどうか。会社によっては撮影・編集だけ、というケースもありますので事前に確認が必要です。

次に「実績」ですが、自社で作成したい動画と近い制作実績を持っているかどうか。採用サイトのプロモーションムービーを依頼する場合であれば、飲食店向けのPR動画制作が強みの会社より、企業の広報・販促を専門にしている制作会社を選ぶべきです。

最後に「予算」。動画撮影には、企画構成費・撮影費・編集費・その他音響や納品データ準備にかかる費用があり、安くて数十万円、ハイグレードな動画になると1本200万、300万円も珍しくありません。最近は低価格の動画制作サービスがありますが、内容や表現方法に制限があることが多いため、かえって納得のいく動画制作ができない場合もあります。自社内に外部の映像制作のプロをコントロールするノウハウや人材が不在であれば、動画制作会社に依頼するのが中途半端に予算を浪費するより結局は近道なのです。

動画コンテンツを活用して成果を上げたいのであれば、「対応力」と「実績」があり、「予算」によって最適な提案をしてくれる動画制作のパートナーを探して相談してみましょう。迷いや悩みをきっと解消してくれるはずです。

動画制作のパートナーをお探しの場合は
こちらまでお問い合わせください

お問い合わせはこちら