Blog
動画制作をプロに依頼するポイント〜準備編〜

動画制作をプロに依頼するポイント〜準備編〜

Share
動画制作をプロに依頼するポイント〜準備編〜

こんにちは。大阪・堂島のクリエイティブエージェンシー、株式会社メガホンです。

企業のマーケティングやブランディングにおいて、動画は非常に重要な役割を占めるようになってきました。YouTube利用者の年齢層は幅広く、特に若い世代は「動画ネイティブ世代」と呼ばれ、日常的に動画に接して情報収集を行っています。

とは言え、SNSの投稿動画ならいざ知らず、本格的な商用動画の制作には、初心者がうかつに手を出すべきではない難しさがあります。中途半端な出来栄えの動画を発信しても、かえってユーザーにマイナスの印象を与え、却って企業イメージを損なう恐れもあります。ユーザーの心を動かすハイレベルな動画制作には、やはりプロの力を借りたほうが安心と言えます。

ただし、いくらプロに任せると言っても丸投げは禁物です。依頼する側もしっかりと準備をしてから依頼をしないと、思ったような動画に仕上がらなかったり、十分な結果に繋がらなかったり、と、せっかくお金を掛けて制作したものが台無しになる可能性も。

今回は、動画制作を外部に依頼する際に、念頭を置いておきたいポイントを詳しくご紹介します。

動画制作をプロに依頼するメリットとは?

スマートフォンでも高画質で撮影ができたり、安価で使いやすい動画編集ツールが登場してたり、と、誰にでも簡単に動画制作ができてしまうこのご時世に、敢えて動画制作のプロへ依頼する意味はあるのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、プロにはプロと呼ばれるだけの企画力や技術、そして経験値があります。まずはプロに依頼する、その具体的なメリットを挙げていきましょう。

1)完成度が高い

例えば「商品をかっこよく撮って」と言われて、すぐにどう撮影して良いか分かるでしょうか?「ドラマチックな流れにして」「感動的なラストにして」はどうでしょう?おそらく制作の経験のない人は戸惑うでしょう。

こういった漠然とした要望であっても、プロは事前のヒアリングなどで依頼者の意図を汲みつつ、撮影するアングルや編集の仕方を工夫するなど演出を加え、動画の完成度を飛躍的に上げるテクニックを見せつけてくれます。

2)狙った効果を期待できる

動画をつくる目的は、あくまでターゲットとなるユーザーのココロを動かし、購買意欲を刺激したり、企業への印象を高めるといった効果を得ることです。プロは何よりユーザーがどう感じるか、どう訴求すれば良いかを熟知しているので、数ある動画のなかでも視聴するユーザーの印象にしっかり残るよう、効果的な演出を施してくれます。

3)納品までのスピードが速い

動画制作は企画から撮影、編集、納品に至るまで、ある程度時間がかかります。

もし自社内で作るとなると、担当者は従来の業務の合間に企画を考え、台本を作成し、撮影場所や機材を確保し、編集や音声収録を行うことになります。おそらく慣れない作業でうまく進まないでしょう。

やはり手間と労力の掛かる実作業はプロに任せ、担当者は本業に専念したほうが、制作はスピーディーに進むでしょう。

4)さまざまな要望に応えられる

創業間もない会社でない限り、動画制作のプロであれば、多数の制作実績を持っています。

要望に合わせた動画を制作するために、撮影方法をあれこれ工夫してくれるだけでなく、特殊効果やアニメーションなどの要望にも応えてくれるでしょう。他にもスタジオや屋外ロケの場所を確保したり、出演者やナレーターの手配、最適な配信メディアの選定なども相談することが可能です。

まず最初に決めておくべき動画制作の準備4か条

冒頭にもお伝えしたとおり、依頼すればあとは任せておけば良い・・・というわけではありません。いわゆる“丸投げ”では、何をどんな目的で作っていいのか分からず、いくらプロといえども十分な力を発揮することができません。クオリティの高い動画づくりのために、依頼する側が事前にしっかりと決めておくべきことをご紹介します。

1)動画作る「目的」

さすがに動画を作る以上、目的はわかっていると思いますが、「かっこいい動画を作りたい」や「感動的なドラマ仕立てにしたい」などいきなり中身について考えてしまっていないでしょうか?

ここで言う目的とは、動画を作ることで何を目指すのか、達成したいのか、ということです。商品名の認知向上やブランドのイメージアップ、イベントへの集客、WEBサイトへの誘導などがこれに当たります。この目的によって動画の方向性は大きく変わりますので、明確にしておきましょう。

2)動画を配信する「媒体」

制作した動画を発信する媒体も事前にイメージしておくことをおすすめします。

自社サイトで掲載するのか、YouTubeチャンネルなのか、InstagramやTwitterなどのSNSなのか、オフィスや店舗のモニター・サイネージなのか、電車やタクシー広告なのか。それはなぜなら、媒体の特性によって作り方が変わってくるからです。

適切な尺の長さ、解像度、撮影機材、動画ファイルの形式、音声・テロップの有無など、展開する媒体によって変わってきますので、少なくともメインの展開媒体は事前に想定しておいてください。

3)動画制作にかける「予算」

制作予算も非常に大切な要素です。想定以上の費用になってしまうことがないよう、概算でも良いので事前に決めておきましょう。

動画制作のプロは、予算額が分かれば、実現可能な内容をある程度見積もれますので、その範囲内で最適なプランを提案してくれるはずです。相場がイメージできない場合は、目的や媒体、内容のイメージを伝えて、動画制作費用の目安を聞いておくと良いでしょう。

4)動画を仕上げる「納期」

いつ動画を発信したいのか、もできるだけ早めに決めておきたい項目です。

制作日数に余裕があるのか、それとも特急で対応しなければならないのか。発信日は絶対に動かせないのか、融通が効くのか。場合によっては予算にも影響しますので、事前に希望する日程を決めておきましょう。

ただしプロの目から見ると、とても現実的ではない場合もありますので、その際は、企画や撮影、編集だけでなく、チェックや修正の期間など、具体的なスケジュール作成をお願いして相談しましょう。

より質の高い動画をスムーズに制作するための更なる4つの準備

動画制作のプロは依頼を受けた以上、依頼主の要望を叶えるべく、より良い提案ができるように全力を尽くしてくれます。しかし、さらに良い仕事をしてもらうために、前述の基本の4項目に加えて、プラスアルファの準備項目についてもここでご紹介しておきます。仕上がりのクオリティがさらに上がること間違いなしです。

1)目標数値を定めておく

動画を制作し、発信することによって達成する数値目標です。できるだけ具体的な数値にしておくことで、何を目指すための動画なのかがより明確になるからです。

・動画再生数 ◯件
・サイト誘導 ◯名
・SNSフォロワー数 ◯名
・問い合わせ件数 ◯件
・資料請求件数 ◯件
・売上金額 ◯円

どれか一つでも明確に数値目標を設定しておくことで、達成のために必要な要素を制作段階から盛り込むことが可能になるかもしれません。戦略的な動画マーケティングのためには必要な要素と言えるでしょう。

2)キーワード、メッセージを決めておく

動画なので映像のことだけを考えてしまいがちですが、メッセージやキーワードなど、「企業として伝えたいこと」を明確にしておくのも重要です。そのメッセージやキーワードを誰かの声で伝えるのか、視覚的に文字を見せるほうが良いのか、キャラクターに喋らせるのか、歌に乗せて伝えるのか。ターゲットになるユーザーに響く演出を動画のプロに考えてもらうためにも考えておきたいところです。

3)会社や商品・サービスの詳細資料を揃えておく

WEBサイトをチェックすれば、基本的な会社のことや商品・サービスのことは理解してもらえるでしょう。しかし、より本質的な部分にまで理解を深めてもらうことで、より一層ターゲットの琴線に触れる表現に辿り着くかもしれません。

当然、これから始動するプロジェクトであれば、まだ未公開の情報もあるでしょう。その場合は、NDA(秘密保持契約)を締結した上で、社内のプレゼン資料を共有したり、担当者としての思いを資料にまとめて伝えるのもいいかもしれません。

4)参考になる動画を探しておく

どのような動画を作ろうとしているのか、動画制作のプロに伝えるためには最も有効な方法が、参考になるサンプル動画を提示することです。そっくりそのまま同じものを作るということはないですが、展開の仕方や商品の見せ方、流れるテンポなど、いくつかのイメージの近い動画を集めておきましょう。

注意点として、大規模な予算をかけて制作している映画やプロモーションムービーを引き合いに出しても、予算面で現実的ではない場合があります。できれば自社と近しい規模感や類似する業界の動画からもサンプルを収集しておくのがいいでしょう。

まとめ

マーケティングやブランディング目的で発信する動画は、企業のイメージを大きく左右します。それだけに、依頼する企業側では目的や用途、予算、スケジュールといった核となる部分、そしてクオリティを上げるための材料を準備しておく必要があるわけです。

最低限の準備さえしっかりしておけば、あとは動画制作のプロに安心して任せられます。丸投げせず、かといって何から何まで自社で手がけず、役割をしっかりを切り分けて依頼する。これが上手に動画制作の依頼するときの心得なのです。

最後に、たまにはPR

私たち 株式会社メガホンは、動画制作のプロとして、企画提案から撮影・編集〜フィニッシュまでを社内ワンストップで対応しています。専任のアートディレクターが常に伴走して徹底したクオリティコントロールと進行管理を行うため、動画制作に不慣れなご担当者さまもご安心ください。

企業紹介、商品紹介、リクルート、社内広報、マニュアル、学校紹介などのWeb動画や展示会動画を数多く手掛けており、Web、動画、紙媒体を使ったメディアミックスによるプロモーションサポートも行っています。

動画制作のパートナーをお探しの方、株式会社メガホンまで。

お問い合わせはこちら