Blog
【動画化のススメ】食欲をそそるメニュー動画は「シズル感」が命!

【動画化のススメ】食欲をそそるメニュー動画は「シズル感」が命!

Share
【動画化のススメ】食欲をそそるメニュー動画は「シズル感」が命!

こんにちは。大阪・堂島のクリエイティブエージェンシー、株式会社メガホンです。

テレビを観ていて、美味しそうな料理を食べるドラマやCMに出くわすと、食欲をそそられてそのメニューを「食べたい!」という欲求に駆られることはないでしょうか?料理人が手際よく調理し、おいしいメニューを振るまっているデジタルサイネージを観ると、そのお店に「入ってみよう!」と思いませんか?

もしあなたが「食」を扱うビジネスを展開されている方であれば、人々の食欲を刺激するこのグルメ動画によるプロモーションをおすすめします。今回はそのグルメ動画の訴求力の高さや、活用の仕方などを探っていきましょう。

思わず「食べたい!」と思わせる「シズル感」の効果

握りたての寿司の質感、ステーキが焼ける音、ピザのチーズが伸びる様子を映し出す動画を観ていると、まるで美味しそうな匂いまで香ってくる気がしませんか?食欲を刺激する音や映像にはユーザーの美味しい食事をした体験を思い起こす効果があり、瞬時に「食べたい!」という気持ちへと導くことができるのです。

人の五感に訴えかける演出は、いわゆる「シズル感」と呼ばれます。

語源の「sizzle」は肉を焼いたりフライを揚げるときのジュウジュウという音を意味する言葉で、しばしばマーケティング用語として使われています。食のビジネスに関わる人にとって、この「シズル感」はユーザーの心を動かすために必要不可欠な要素なのです。

この「シズル感」を取り入れたグルメ動画にはどのような成果が期待できるのか、紹介していきましょう。

ダイレクトな訴求力

WEBサイトのテキストでいかに自社の食品が素晴らしいかを長々と説明したとします。一体、どのぐらいのユーザーが最後まで読んでくれるでしょうか?その点、グルメ動画の冒頭に極上の肉をジュワッと焼く心地よい音と画を入れたほうが、何倍もの人々を魅了することは容易に想像できるでしょう。

躍動感

揚げたての唐揚げがごろごろっと皿に盛られたり、中華鍋で豪快にチャーハンを炒めたり、ナイフを入れたハンバーグから肉汁があふれ出たり。そんな躍動感あふれるシーンは、動画だからこその演出の一つです。

ユーザー目線

動画を主観にすることで、ユーザーの目の前で美味しい料理が作られているような印象を与えることができます。その光景を実際に体験したいという気持ちにさせる動画の構成にすることで、大きな成果を期待できるでしょう。

これらの効果を最大限に引き出すために、料理が映える照明を当てたり、質感を伝わるようにアップにしたり、温度感が伝わるように湯気をきれいに見せたり、スローモーションで注目を引きつけるなど、映像技術を駆使することで、さらに成果の上がるグルメ動画を制作することができます。

さまざまな業種で活用できるメニュー動画

シズル感のあるグルメ動画は、食に関わるあらゆる業種で活用することができます。業種ごとにどんなアプローチが行えるか、考えていきましょう。

1)食品メーカー

メーカーであればユーザーが自社商品を選んで購入し、自宅で調理して食卓で楽しむシーンを織り交ぜることで、購入への意欲を喚起できるでしょう。レシピ等はよくあるコンテンツなので、その製品独自の味わい方などを提案する動画であれば、独自性を打ち出せるはずです。

<参考事例>

アサヒグループ ブラックニッカ ジャーハイ CM ジャーハイ説明ムービー

2)飲食店

飲食店の場合はとにかく店舗に足を運んでもらう必要があります。テレビCMやWEBで強力に来店意欲を促進するためには、今しか味わえないシーズンメニューで限定感を伝える、ランキングで人気のメニューを食べたくなるように訴えかけるなど、動画の構成に工夫が必要になるでしょう。

<参考事例>

【公式】お肉ランキングBEST3のご紹介!|いきなり!ステーキ

3)グルメ通販

感染対策やおうち時間の増加の影響もあってグルメ通販/お取り寄せの需要は拡大していますが、人によっては「注文自体が面倒」「食べるまでに時間がかかる」という点で通販での購入までのハードルが高くなります。グルメ動画も単に美味しさの訴求だけではなく、注文の手軽さを伝える構成にすることが重要です。

<参考事例>

【はじめてのミートガイ】お肉のご注文はミートガイで決まり!

4)デリバリーサービス

デリバリーサービスを展開する企業の場合、「今すぐ食べたい!」と注文を促すことが最大の目的。動画では、美味しそうな料理を見せることはもちろんのこと、今すぐ注目したくなるお得な特典や、スマホで簡単に注文できる手軽さの訴求も必要になってきます。

<参考事例>

ドミノ・ピザ TVCM お気軽デリバリー(ピザの常識を変える 15秒 ver.)

グルメ動画を集めたサイト事例

グルメサイトの情報によると、動画を公開している飲食店は20〜50%お問い合わせが増えるとのこと。写真では伝わりづらいお店での体験を、ユーザー目線の動画によって伝えることが効果的なようです。本当にそれだけのパワーがあるのか。グルメ動画を集めたサイトをご覧になって、確かめてみてください。

1)meeats.

料理の動画で行きたいお店を探せるグルメ動画サイトで、食べログ、ホットペッパーグルメ、ぐるなび、Rettyなど数あるグルメサイトに対して、動画で店舗の魅力を伝えることで差別化を図っています。公開されている動画はお店ごとに特色が感じられる仕上がりで、ユーザーに「美味しそう」と思わせるだけでなく、「この空間に行ってみたい」という気持ちにさせる効果も生んでいます。

2)LIVE JAPAN PERFECT GUIDE

日本の魅力を「観光する」「買う」「泊まる」などのカテゴリごとに動画で紹介するサイトです。「食べる」では、じわりと焼き上がるうなぎの蒲焼き、軽くあぶって塩でいただく極上焼肉、ぐつぐつと炊かれたモツ鍋、具だくさんでチーズもふんだんに載せたピザなどの動画を多数公開。お店の感染症対策の取り組みも動画で紹介されており、ユーザーが安心して利用できる情報が提供されています。

3)グーチューブ北海道

北海道のグルメ動画サイトにはラーメン、カレー、寿司といった定番から、ジンギスカンなど北海道らしいカテゴリごとに多数の飲食店がグルメ動画を公開しています。例えば、焼肉などは素材のこだわりをレポーターが聞き出しながら、料理人がさばいていく様子、ジュウジュウと音を立てて焼くところ、そして美味しそうに食べるまでが収録されており、食欲を刺激します。

まとめ

食にまつわるビジネスと動画の相性の良さを実感いただけたのではないでしょうか?写真や言葉で説明するより、食の美味しさ、楽しさを短い時間で、より高い訴求力で伝えられるのが動画の強みです。口コミの効果も限界があります。一人でも多くのお客様へ美味しさを届けられるよう、魅力を凝縮した動画制作を一度検討してみてください。

動画制作のパートナーをお探しの方、株式会社メガホンまで。

お問い合わせはこちら