Blog
動画をプロに依頼したい!失敗しない発注のポイントとは?

動画をプロに依頼したい!失敗しない発注のポイントとは?

Share
動画をプロに依頼したい!失敗しない発注のポイントとは?

「自社サービスのプロモーション動画を公開したい」「人材採用のための会社や仕事紹介ムービーを説明会で流そう」「社内研修のために教育ビデオを作りたい」など、社内で要望が出た時にあなたが担当者だとしたらどうしますか?自身で撮影して編集、音声まで入れて動画を作成・・・ということができる人はひと握りだと思います。おそらくプロへ依頼するのではないでしょうか。今回はポイントを押さえた発注でより良い動画を制作する秘訣を解説します。ビジネスの成功のため、ぜひ参考にしてください。

目的、用途に合わせて変わる動画のクオリティ

ひとくちに「動画」と言っても、実は目的や用途によって作り方もクオリティへのこだわりも変わってきます。映画やテレビCMなど、映像のプロが作り出す動画は企画から撮影、編集まで複数の専門家が関わり、クオリティは非常に高い仕上がりになるでしょう。

一方、YouTubeやニコニコ動画などで配信されるものは、個人で作成している動画が多く、“素人っぽさ”が特徴になってます。ユーチューバーの配信する動画っぽいものを作ろうという企画意図があれば後者で良いですが、やはり多くの人たちに安心して視聴してもらうことを考えると、前者のようにしっかりとした映像のプロの手が入り、一定のクオリティが保たれた動画を作るほうが適切でしょう。

プロに動画制作を依頼するメリットとは

スマートフォンのカメラで簡単に撮影や編集ができる時代ですから、誰にでも動画を作成することはできます。ただ、簡単といってもそれが人々の興味を引きつける内容になるかどうかは別問題で、新鮮さがなく冗長な映像をひたすら見せられても苦痛になってしまいます。観る人を飽きさせることなく、最後まで引きつけることができる動画は、やはりプロの手を借りてこそ実現できるのです。

では具体的に映像のプロに依頼を行った場合、どのようなメリットがあるのかを解説していきます。

企画から任せられる

どのような動画を作りたいか、その目的やおおまかな内容は考えることができるでしょう。ただ、それをターゲットに向けて効果的にアピールできる内容にするためには、構成を練り、最後まで視聴したくなるストーリーを組み立てなければなりません。こうした企画構成の部分で、プロの力は非常に頼りになります。

撮影、映像の質が高い

撮影には欠かせないカメラはプロユースの機材、マイクや照明なども用意できるうえ、専門技術を持ったスタッフが対応しますので、撮影や映像は安心できる品質になるでしょう。短時間で必要な撮影素材を収録するために、ボケたり、ブレるなど基本的なミスも抑えられるのもプロならではの強みといえます。

編集がハイレベル

撮影した後は必要な部分をつないでいく編集作業が待っています。この段階でも、プロの要求に応えられる映像編集ソフトを使用し、テンポの良い流れを作ったり、特殊効果やテロップの挿入でより人の目を引く動画編集を行います。プロの編集技術は、「撮影したあの内容が、こんなふうに編集されるのか!」と驚くほどあなたの印象を変えてくれるはずです。

要望に対して提案がある

「こういう表現がしたい」という要望があっても、なかなかうまく言葉で伝えづらいことがあるでしょう。そんな時、意図を汲んで形にしてくれたり、予算的に厳しい場合に代替の案を提案してくれるのが経験豊富なプロの強み。アマチュアには非常に難しい注文といえます。

目的に見合った制作会社の選び方

映像のプロが頼りになる存在であることは理解いただけたと思います。ただ、いざ依頼するとなっても、制作できる会社は無数にあり、闇雲に見積だけ依頼しても本当に最適なパートナーなのか、判断することは難しいでしょう。動画の目的や内容、予算によって、選ぶ会社は変わってきます。次の3つのポイントをもとにマッチする会社を絞り込んでいきましょう。

依頼できる範囲と項目を確認する

動画制作にあたって、企画から頼めるのか、ナレーションや音楽も含まれるのか、登場するモデルのキャスティングまで任せるのかなど、どこまでを自社でまかない、どこから外部に依頼するのかをまとめましょう。

強み、得意分野を紹介してもらう

会社それぞれに個性があり、強み、得意分野は異なります。いつもコマーシャルを撮影している会社、ビジネス向けの動画制作が多い会社、アニメーションを使った実績が豊富な会社など、制作する動画のイメージに近いパートナーを選びましょう。

基本料金とオプションを明確にする

動画は撮影、編集を行うと多くの人の手が必要なだけに、簡単にやり直しが利きません。最初の段階で範囲内の料金を明確にし、どこからがオプションになるのか丁寧に確認を取っておきましょう。そこさえしっかり押さえておけば、後で困るようなことはなくなります。

これで安心!制作がスムーズに進む依頼の仕方、条件

動画は表現の幅が広く、手をかければいくらでも凝った仕上がりにできます。その分、あまりにあれこれ要望を伝えすぎると、制作現場が予算内で対応できなくなることも。スムーズな進行や安定した品質のために、依頼の際に気をつけておきたいポイントをぜひ覚えておきましょう。

クリエイターのモチベーションが品質に影響する

企画、撮影、編集などの作業は各専門家が担当しますが、無理な要求や度重なる変更を行うと、クリエイターも人である以上モチベーションを高く保てなくなります。逆に最初の段階でしっかりと要望を明確に伝えておけば、誰もが良い動画を制作したい気持ちはありますので、その高いモチベーションが良い形で品質に影響を与えるでしょう。

映像や演出に凝りすぎていないか

「どうせ作るなら良い動画にしたい」と誰もが考えるでしょう。制作会社のスタッフももちろん、同じ気持ち。ただ、あくまでそれは予算やスケジュールに見合った範囲での話です。例えば、100万円の予算でハリウッド映画のような凝った演出、豪華な3DCGを使えません。限られた中、最大限の創意工夫で満足いく仕上がりを目指しましょう。

内容が盛り込みすぎていないか?

動画で訴求したい内容はいろいろあると思います。よりユーザーに刺さる動画にするためには、伝えたい要素を絞り込み、あれもこれも盛り込みすぎないことが大事なポイント。「誰に伝えたいか」と明確にしたメッセージこそ、人の心を動かす動画に欠かせない要素なのです。

ワンランク上の動画を目指すために

映像制作会社によってテロップやCG、エフェクトのデザイン性に差が出ることがあります。ターゲットに合わせて文字の書体や色づかい、特殊効果の見せ方を変えられるかどうかもプロとしての腕の見せどころ。制作実績からそのあたりも読み取っておきましょう。

表現の新しさ

VR(ヴァーチャルリアリティ)、ドローン撮影、スーパースローモーション、360°パノラマなど、映像にもトレンドがあり、新しい撮影手法や表現方法が採り入れられています。最近では視聴するユーザーの反応によって変化するインタラクティブ動画もあり、そういった新しい表現に対応しているかどうかもポイントになるでしょう。

自社の動画制作を成功させるために、プロの手を借りることは必須であるとご理解いただけたでしょうか。予算面も品質面も満足いくパートナーを探すために、少し手間はかかりますが、ご紹介したポイントはぜひ重視していただきたいと思います。